顎関節症のよくある症状

顎関節症の大きな特徴を挙げると次の4つがあります。

以下、1ずつ詳しく見ていきましょう。

【症状1・アゴの痛み】

顎関節症のもっとも大きな症状はアゴの痛みです。

痛みを感じる場所は主としてアゴ関節部ですが、場合によっては周辺の頬やこめかみに痛みを感じることもあります。

【症状2・開口障害】

次に多いのが開口障害です。

これは「口が大きく開けられない」ことを指します。大きく開くというのは、人差し指、中指、薬指の3本を縦にした広さが目安です。

この場合無理に開けようとすれば痛みを伴うことがあります。

こうした状態のときは急に開け難くなったり、徐々に開け難くなったりする場合があります。

無理に口を開けようとするとアゴが激しく痛みます。

【症状3・異音】

アゴを動かすと「カクッカク」というような異音がする状態です。

これは「関節雑音」と呼ばれる症状です。

音の種類はいろいろで「カクン、カクン」とか「コックン、コックン」、あるいは「ジャリジャリ」とか「ミシミシ」というようなものもあります。

こうした音は関節内の構造に起った何らかの異状によって生じるものと考えられています。

音とともに振動を感じますので、大変な不快感を感じます

【症状4・噛みあわせ障害】

上下の歯が上手くかみ合わなくなる症状です。食いしばる事が難しくなり力が入れにくくなったりします。

特にスポーツ選手などのアスリートなどには大きな影響が出ます。

顎関節症によって併発するその他の症状

顎関節症の症状は上に挙げたものだけには留まらず、場合によっては次のような症状も同時に併発します。

【顎関節症の併発症状】

顎関節症の併発症状は、このように体全体にまで及ぶことがあります。

あご・噛み合わせは人間の体全体に影響を与えるとても大切な部位なので単なるアゴの不調として片付けておくことはできません。

とは言えこうした症状は他の病気が原因で現れることもありますから、症状があっても必ずしも顎関節症が原因であるとは言えません。

なお顎関節の研究を行っている日本顎関節学会は障害部分によって、顎関節症を次の4種類に分類しています。

※分類は上記の4つになりますが、実際に起るのはこれら複数の障害が重なって起る症状が多いと考えられています。

参考:日本顎関節学会