顎関節症はなぜ肩こりや頭痛を起こすのか?

顎関節症が肩こりや頭痛の原因になるのは物を食べるときに使う筋肉の影響が大きいことが原因であると言われています。

つまり噛むときに使われる頬にある筋肉の力です。

この筋肉のほかに頭部の両サイドにも物を食べるとき使われる筋肉があります。

この筋肉は左右両方にあるのですが、筋肉の緊張度合いが左右均等ではなく、どちらか一方に傾くと肩こりを起こす頭、首、肩をつなぐ筋肉とのバランスが悪くなり、血行不良を起こし筋肉の疲労を招く原因になるのです。

したがってひどい肩こりや、筋肉の緊張からくる頭痛がしばしば感じられるようになるのです。

また頭部を支える筋肉が緊張することによって、まっすぐに立っているつもりでも自然に頭が傾いてしまい、その結果姿勢が悪くなりますから、慢性的な肩こりがより多くなっていくのです。

顎関節症からくる肩こりや頭痛の予防法

結論から言いますと、顎関節症が原因となる肩こりや頭痛の予防は可能です。

その予防法を一言で言いますと「左右差がないように噛む力のバランスを心がける」ことです。

顎関節症による肩こりや頭痛の原因は生活習慣の影響が大きいのです。

それに子どもに対して心がけなければいけないのは「柔らかいものと硬いものをバランスよく食べさせる」ことです。

これは顎の未発達が顎関節症の原因になることから、歯の生えるスペースが狭くならないようにするためです。

また成人で注意したいのは、仕事などでのストレスに長期間さらされないようにすることです。

ストレスが続くと人は無意識のうちに歯を食いしばってたり、肩に力を入れすぎたりします。

そうしたことが睡眠中の歯ぎしりの原因になって頬への負担が増える可能性があるからです。

したがって顎関節からくる頭痛や肩こりを予防するにはストレスを上手にコントロールする必要があるのです。

そのほか頬に負担をかけないためには次のようなことにも注意しましょう。

日常生活の中で、1つでも意識して改善する事ができれば、少しずつ体全体に影響が出てくる事でしょう。