顎関節症、気になる治療費は?

どんな病気でもそうですが、私たちにとって病院の治療で気になるのは治療費ですよね。

では顎関節症の治療費はどうなのでしょうか?

費用は高いのでしょうか。

それに保険は適用されるのでしょうか。

顎関節症の治療はいろいろと多岐に及びますが、保険が適用されるものと、されないものがあります。

それらの区別も気になりますが、保険が適用された場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

ここでは公開されている範囲での治療費を見ていくことにしましょう。

保険適用の場合は自己負担3割として、また金額は1回の治療費であり完治するまでの費用ではありません。

なお病院によって費用は異なりますので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

【歯の治療】

歯医者で歯を削ったり高くしたりする場合は保険適用で数百円~2000円ぐらいです。

矯正は保険適用外で70万円から150万円ぐらい。

【顎の治療】

マウスピース:5000円~10000円。

整体・マッサージ:4000円~8000円。

ホットパック:数百円~2000円前後。

【顎以外の部分の治療】

痛み止め(鎮痛剤):数百円~1000円前後。

筋弛緩剤:数百円~1000円前後。

首や背骨などの整体:4000円~8000円前後。

顎関節症の治療期間はどれぐらい?

顎関節症の治療期間は治療法によっても違ってきますが、注意したいのは治療法を間違えるとかなり長引くことがあるということです。

また例えば筋弛緩剤などを使用して直ったように見えても、それは一時的なものである場合が多く、完治したとは言えないケースが多いのです。

マウスピースの場合も同じです。

1ヶ月ほど使って、多少症状が改善したように見えても、必ずしも完治したとは言えないのです。

いずれにしても顎関節症が完全に治るのは、短くても年単位ということになります。

とは言え、軽い症状ですとその日のうちに直る人もいますし、軽度のケースではほとんどが1週間程度で完治します。

何はともあれ、顎関節症の原因や発症のメカニズムなどの基本的な知識を理解して、病院や医師の選択を間違えないようにして、適切な場所で正しい診察を受けることが回復への早道ではないでしょうか。

真剣に向き合って正しい努力をすれば、それだけ治療期間を縮める事ができ、結果として治療費のコストも下げる事ができます。