顎関節症の治療と予防に効果的なスプリント療法

顎関節症の治療や予防には、この病気のそもそもの原因である「歯ぎしり」や「偏咀嚼」を取り除くことが必要です。

そのためにはまず歯ぎしりの害を取り除く「スプリント療法」が非常に効果的です。

ではこの療法に使うスプリントとはいったい何なんでしょうか。

スプリントとはプラスチックで作った歯の防具用のプロテクターのことで、「マウスピース」とも呼ばれるものです。

これを患者の上下の歯形に合わせてつくり、睡眠前に装着するのです。

でもこれをつけたからといって睡眠中の歯ぎしりを止めることはできませんが、スプリントが緩衝に役立ち、関節や筋肉にかかる力を抑えますから歯ぎしりの害を軽減できるのです。

とは言え、顎関節症をこのスプリント療法だけで直すことはできません。

通常は患者への負担が少ない過程でのセルフケアや薬物療法を行っただけで症状に改善が見られればスプリント療法は必要でありません。

しかし夜間の歯ぎしりが明らかに顎関節症の原因である場合には最初からスプリント療法が用いられることがあります。

そのほうが治療が効果的に進むからです。

なおもう一つの原因である「偏咀嚼」に対しては両側均等に食べものを噛むように指導していけばいいのです。

これは医学の力の及ばないことですから、根気のいい指導しか方法はありません。

どれくらいの期間でスプリント療法の効果は現れるのか?

スプリント療法の効果は装着から1週間ぐらいで徐々に現れてきます。

最初の診察時には口を開けるときにかなり苦痛を感じていたのが、スプリント療法を始めてからは開口量も次第に増えていき、痛みもうんと少なくなっているようです。

これはスプリント療法の効果が上がっている証拠です。

それに口を開けたときに鳴るクリック音も最初の時よりかなり小さくなっているようです。

この療法がよく役立ったことは、1週間使ったスプリントを外して形を観察してみると、歯ぎしりの後がくっきり残っていることからもよく分かります。

なお、スプリントを使うときには次のことに注意が必要になります。

【注意点1】

口の中に装着するものですから使用後は歯ブラシなどを使ってよく洗い、常に清潔を心がけなければいけません。

【注意点2】

使用しない時は専用の保存容器に入れておく。

【注意点3】

日中は必ずスプリントを外し、装着したまま食事をしないようする。