顎関節症の治療はどの病院に行けばいいの?

顎関節症の治療は一般的には歯科や口腔外科などで行われるのが普通ですが、病気に対する考え方や治療方法は様々であり必ずしても一定であるとは言えません。

治療にあたっては正しいデータに基づいて系統的な治療を行っているところや、単なる経験則に基づいて「かみ合わせ」の調整や「矯正治療」を勧める歯科医院があるというように、とにかく治療法は一様ではないのです。

顎関節症は、「この治療をすれば確実に直る」というような治療法はまだありませんから、いきなり外科治療に入るようなことは避けて、まずはマウスピースを装着するなどして様子を見ながらステップを踏んだ治療法を順番に試していくことをおすすめします。

そうした治療を受けた結果、改善が見られれば次のステップに進む必要がなくなるわけですから、こうした治療法こそ、より合理的である、と言えるのではないでしょうか。

このようにして改善が見られない場合だけ、次のステップに進んでいけばいいのです。

したがってまず「かかりつけの歯科」に行き、そこを第一ステップとして、その歯科以外に治療に適した病院があれば、その紹介を受けるなどして次のステップへ進んでいけばいいのです。

顎関節症の専門医による治療を受けるには?

また病状が重度であったり複雑であったりして、歯科などでは簡単に治療が困難な場合は顎関節症の専門医の治療を受けることをおすすめします。

顎関節症の専門医については、かかりつけの歯科医などから紹介を受ける方法があります。

もし、そうしたかかりつけの医師がいない場合は、一般社団法人「日本顎関節学会」のホームページに顎関節症専門医や指導医の一覧が載っていますから、そこから顎関節専門医の情報を得ることができます。

またこのホームページには顎関節症の治療についての最新の情報などもふんだんに載っていますから、顎関節症の患者や、その疑いがある方は是非このページを訪問されることをおすすめします。

きっと治療のための価値ある情報が見つかるのではないでしょうか。